カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

ドコモさんに痺れた話

こんにちは。

 

solitude-diary.hatenablog.com

今月14日に au の発表会があった。

それを見て上記の記事を書いた。au さんを褒めたようなタイトルを付けた。

そしたらドコモさんの逆鱗に触れたらしい。

ドコモさんが僕に仕打ちをしてきた。

 

ということで、昨日行われたドコモさんの発表会を見てください。

 

 

その後に登場してきた綾野剛さんの熱いコメントを聞いてください。

 確かに凄いよね。スマートフォンに3つもカメラがある HUAWEI の P20 Pro は。

熱くなる理由は分かる。

僕はまだ HUAWEIは怖いから手が出せないけど、興味はある。

リスクを恐れないならば、十分に選択肢としてはありだと思う。

 

そんな HUAWEI さんは今回は関係ない。

今回の話には主役が2つある。

1つ目は、ポイント投資だ。

 

ドコモユーザーならば、誰でも dポイントを持っている。

そのd ポイントを簡単に増やせるのが、ポイント投資だ。

www.nttdocomo.co.jp

ドコモじゃなくても出来るよ。dアカウントを作ってdポイントを取得するだけ。

設定方法も簡単だ。

ハイリスクを取るアクティブコースかリスクを抑えるバランスコースか

どちらにするか選ぶ。

dポイントをいくら出資するか。100ポイント単位で10万ポイント未満で。

これで、設定完了だ。

後は放置でOKだ。

好きな時に1ポイント単位で増えたdポイントを引き出せる。

これで、今持っているdポイントを増やして安く新機種を買うことが出来る。

こんなお得なことを誰でもすぐに簡単に出来るんだよ。

もちろん、投資だから元本割れのリスクもある。

だけど、どうせポイントも使わなければ期限切れで失効してしまう。

なので、別に元本割れのリスクは特に痛くも痒くもないと思うんだ。

 

2つ目は、この発表会には出てこなかった新料金プランだ。

ベーシックパックとベーシックシェアパックだ。

4月28日に発表したのに、今まで気が付いていなかったという大失態をしでかしました。

まだ、ご存じない方もいるかもしれない。安心してください。5月25日提供開始だ。まだ時間はある。今のうちにおさえておこう。

www.nttdocomo.co.jp

簡単に言うと au のピタットプランと同じだ。

www.au.com

段階ごとに料金が分かれているパケット定額プランだ。

でも、もちろん ピタットプランとベーシックパックの違いはある。

 

ちなみに詳しくは後述するが、ベーシックパックとベーシックシェアパックの違いは

ベーシックパックが個人用、ベーシックシェアパックが複数人用のプランだ。

 

ピタットプランとベーシックパックの違いを見ていこう。

ピタットプランは、1GBまでが2980円、2GBまでが3980円、3GBまでが4480円、5GBまでが5480円、20GBまでが6480円だ。

 

一方、ベーシックパックは1GBまでが2900円、3GBまでが4000円、5GBまでが5000円、20GBまでが7000円だ。

 

3GBまではベーシックパックの方が安く、それ以上はピタットプランの方が安くなっている。

 

料金の違いだけではない。

割引サービスも違うのだ。

ピタットプランでは契約してから1年限定の割引キャンペーンがある。(ビッグニュースキャンペーン)また上記の価格はスマートバリューを適用した時の価格だ。

つまり、上記の価格からさらに割り引くサービスはビッグニュースキャンペーンしかない。しかも、ビッグニュースキャンペーンは最初の1年限定である。

 

一方、ベーシックパックは違う。

まずはずっとドコモ割プラスが使える。

ドコモを契約している継続期間に応じて料金の割引が受けれる。またはdポイント還元も選べる。

料金の割引ならば、最大で800円だ。

さらに、docomo with も使えるのだ。

シンプルプランdocomo with の機種にしてベーシックパックにしたらこうなる。

基本料 980円+  sp モード  300円+ ベーシックパック1GBまでで  2900円  -  docomo with での割引  1500円 =  2680円。

2680円が最低料金になる。(端末代金は別)

 

安いでしょ?

docomo with の割引はずっと続く。ビッグニュースキャンペーンみたいに1年で終わらない。ずっとだ。ずっと最低料金2680円だ。

 

次にベーシックシェアパックを見てみよう。

5GBまでで6500円、10GBまでで9000円、15GBまでで12000円、30GBまでで15000円となる。

ずっとドコモ割プラスの料金割引は最大で1200円だ。

 

最低料金は親回線で6250円になるが、子回線では280円だ。

280円だよ。端末代金は別だけど、280円から持てるんだよ。

この凄さ分かる?

ベーシックシェアパックの料金は親回線のみにかかってくるから親回線のみ高くなる。

子回線と親回線で分割払いにすることも出来る。

 

後、期待はしてないけどこんなこともやる。今月30日から提供開始だ。

Google アシスタントにどこまで挑めるかな?

www.nttdocomo.co.jp

au さんへの浮気記事を書いたらドコモさんにやられた。

やっぱり、ドコモが NO.1 。

ずっとドコモ割プラスの料金割引の割引金額をもっと増やしてくれたらいいのにな。

ごめん。

贅沢か。

 

ちなみに、通信速度がもうすぐで下り最大1GBの時代がやってくる。

今回の発表会では上りの最大速度まで出してきた。

上りの最大速度まで出すのはあまりないよね。

 

このまま強気で進め。

ドコモの発表会って変わったサービス出してくるから見ていて面白いよね。

次回以降も期待してます。

それでは、また。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved