カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

Amazon PrimeDay2018 の見どころ

こんにちは。

 

今年もついに来ました。Amazon PrimeDay です。

2018年は、7月16日の正午から17日までです。

 

www.amazon.co.jp

Amazon PrimeDay は、Amazon Prime 会員限定のタイムセールです。

まだ、会員じゃない方はこの機会にぜひ登録しましょう。

商品ごとにタイムセールの時間が違うので注意しましょう。

数量限定のものもあります。

売り切れになっていてもキャンセル待ちに並ぶことも出来ます。

(キャンセル待ちも限りあり)

Twitter で情報を発信したりするので確認しよう。

twitter.com

事前にスマートフォンAmazon のアプリを入れてほしいものリストに入れておけばタイムセール開始を通知で受け取れます。

(通知対象外のものもあります。下記から確認してください。)

www.amazon.co.jp

Amazon PrimeDay 2018 のタイムセールの商品が既に一部公開されているので、見どころの商品を見ていきましょう。

 

www.amazon.co.jp

まずは、車です。

こんなものまで売っている。流石 Amazon さんです。

 

次は限定商品です。

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

その他の商品はこちら

www.amazon.co.jp

ついでに、僕が今まで買った Amazon の商品の中からお勧めの商品を紹介します。

 

パナソニック カナル型イヤホン ブラック RP-HJE150-K

パナソニック カナル型イヤホン ブラック RP-HJE150-K

 

 現時点では688円です。僕が買ったのはホワイトですが、音質とかにこだわりがないのであればこれで十分です。

 

 車載用のスマートフォンホルダーです。

現時点では1790円です。

 

 

 

 

僕はこの二点にしました。

現時点ではリングの方が890円、ホルダーの方が1290円です。

マグネット式になっているので簡単にスマートフォンの着脱が可能です。

スマートフォンの大きさに関係なく利用出来るのがいいです。

リングの方がスマートフォンのスタンドとしても使えるのが便利です。

 

最後に紹介するのが、ソフトのオンラインコードです。

Microsoft Office とか Photoshop とかウイルス対策ソフトなどのオンラインコードもタイムセール商品になっていることがよくあります。

Amazon PrimeDay 以外ではなかなか定価よりも安く販売されていないのでお得です。

 

Amazon PrimeDay って見ているだけでも楽しいんですよね。

Amazon にはいろんな商品があるんだなって、再確認出来る機会なんで。

あっという間に売り切れてしまうのが難点なんですけど。

見ているだけでも楽しいから皆様参戦してみてください。

それでは、また。

ネット書店で買う理由

こんにちは。

 

なんでそうなるのか。

どうしたらそういう発想になるのか。

 

this.kiji.is

絶対にこんな身勝手な要望を通してはならない。

本を読むことは好きだ。

本屋も嫌いではない。

好きな方だ。

こんな考え方を皆がしているとは思いたくない。

こんなことを考えてるのは一部の人達だけだよね?

 

なぜ、僕らが本屋で本を買わないのか。

ネット書店で本を買うのか。

答えは簡単だ。便利だから。

 

僕は中学校のころから本に触れてきた。

まあ、中学校のころは三国志の漫画を読み漁っていたけれど。

だけどある時、あさのあつこさんのバッテリーを知り合いからお勧めされた。

 

バッテリー (角川文庫)

バッテリー (角川文庫)

 

 

読んでみた。最初は途中で読み続けるのをやめそうになる時もあった。

でも、知り合いがお勧めしていた理由があるはずだと信じて読み続けた。

そしたら、4巻くらいからはまりだした。

しまいには続編のラストイニングまで買って読んでしまう。

 

ラスト・イニング (角川文庫)

ラスト・イニング (角川文庫)

 

 そればかりでなく、似たような作品も読み漁った。

晩夏のプレイボール

晩夏のプレイボール

 

 

グラウンドの空 (角川文庫)

グラウンドの空 (角川文庫)

 

 この本だけはまだ途中になっている。

理由は特にない。

 

The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)

The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)

 

 ちなみに、これもお勧めです。

 

ここまで来ると、僕はあさのあつこさんのファンだと思うかもしれないが残念ながらそうではない。

僕が好きな作家さんは、重松清さんだ。

どの作品をお勧めしたらいいのか分からない。どれもいい作品なんだもの。

東野圭吾さんのこれもいいよ。

あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)

あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)

 

 

高校生になってからは、電車通学するようになったので毎月1冊のペースで文庫本を読んでいた。

だから、数か月に1度くらいの頻度で本屋に行ってたっけ。新しい本を探しに。

 

でも高校生を卒業し、働くようになってからは本屋に行かなくなった。

そもそも忙しくて本を読む頻度が極端に減ったからだ。

休みで暇なときもネットサーフィンとか Youtube とかゲームとかするようになった。

暇つぶしと言えば、本を読むことくらいしかなかったそんな中学・高校時代のころと変わってしまった。

今でも本を読むことは時々ある。今はよしたにさんの本を読んでいる。

 これは全編カラー漫画だね。

 

これとかはもちろん購入しているが、もう本屋では買っていない。

Amazon である。

なぜか。

”近くの本屋さんに置いてないから”

そもそも生活圏内に本屋さんがいくつもあるわけじゃない。

大きなところに行けばあったりするけれど、遠い。

本屋にたどり着いても、目的の本があるか探すのが大変だ。

 

Amazon ならば、すぐに目的の本を見つけることが出来る。

購入前にレビューを読んで本当に購入する価値があるかどうか購入前に考えることも出来る。

中古品とか安いものも十分にある。

 

一番はやっぱり、品揃えだ。

目的の本がなかなかなくて何度も探し回ったことが何度もある。

もうそんな手間なんかかけたくない。

そこまでして書店で買いたくない。

 

Amazon さんなら2~3日後に届くからね。ほとんどのものは。

送料込みでも書店で買うよりも安くなる時もあるからね。

 

もう昔には戻れない。

なんで、僕らに負担をかけさせる?

なんで、皆で不便になろうとする?

農家さんも時代に合わせて変化している方もたくさんいる。

書店も時代に合わせて変化していこう。

いろんなしがらみがあるのは分かるけれど。

そんなしがらみから抜け出せ。

明るい未来に踏み出せ。

リスクを恐れていちゃ、明るい未来はやってこない。

今が最後のチャンスでもある。変化の時だ。

恐れずに進もう。僕らは応援する。

それでは、また。

諦めずに闘い続けよう

こんにちは。

 

今、大相撲名古屋場所が開催されている。

 

横綱稀勢の里は今場所も休場でワースト記録更新である。

仕方がないのは分かるけれど、ここまで来たら復活は期待出来そうにないと思わざるを得ない。

復活したところで、ジリ貧になっていく未来しか見えない。

 

と、この話は置いておいて。本題に入ろう。

 

solitude-diary.hatenablog.com

僕らの遠藤関が今場所も頑張っている。

残念な1敗はあったけれど、輝との取組は良かった。

これからも頑張ってください。

もう一度、三役という舞台へ戻ろう。

そのためにより一層強くなるんだ。

 

横綱鶴竜はもう2連敗だよ。なかなか結果出せないね。

 

今場所では、とある奇跡も起こった。

www.asahi.com

凄い。

89連敗していたのである。それでもめげずによく今場所まで続けてこれた。

僕だったら途中で引退していただろう。僕には向いてなかったって。

普通はそうなってしまうんじゃないのだろうか?ここまで戦い続けれてこれた勇気は半端ないって。そんなんできひんやん。普通。

おめでとうございます。

これからも厳しい状況が続くだろうけど、頑張ってください。

応援している人がいることを忘れないで。

きっと、いつかは報われるということを。

続けていればいつかは今回みたいに結果が出るということを。

これからも僕らに勇気を与えてくれ。

君が戦い続けている限り僕らに勇気を与えてくれるんだ。

それでは、また。

スピードを追い求められる時代

こんにちは。

 

皆さんはせっかちな人ですか?それとも時間にルーズな人ですか?

僕は時間にルーズな方だ。

少しくらいなら集合時間とかに遅れて来る人がいても許す。

僕はいつも集合時間の数十分前にはいるし、15分くらいなら遅れても何も思わない。

でも、それ以上になると電話で催促するけれど。

 

車を運転している時はどうだろうか?

制限速度を守ってる人がどれくらいいるだろうか?

僕は守ってる方だけど、守っていない人も結構いる。

僕が最初に入った会社の社長さんが研修の時に言っていた。

”みんな車運転している時、制限速度守ってるか?守っとらんやろ。だから、教科書通りのマニュアルばかりじゃなくて状況を見て臨機応変にやれ” 

 

携帯電話会社もそうだ。

ドコモさんは今は一部で、下り最大988Mbps を提供開始している。

そこまでいる?皆そこまで求めてる? って思うよね。

 

でも、今はもうそんな時代になった。

3G回線が当たり前の時代があった。でも、今は4G回線が当たり前である。

3G回線?そんな遅いの使いたくない。 って思ってるよね。

速度制限の128kbps なんて遅すぎる。そう思うよね。それ以下の速度が当たり前の時代もあったのに。

 

ascii.jp

このニュースが流れてきた。

モバイルページの表示速度が遅すぎるページは検索順位を下げると Google さんが決めた。

そうだ。

そういう時あるよね。

せっかく、アクセスしたのになかなか表示されずになんやこのサイト重すぎるって。

他のサイトはそんなことないのに。

そんなサイトに当たったらブラウザバックしてしまいたくなるよね。

どうしても見たいページじゃなければそうするよね。

これでイライラすることが減るならば大歓迎だ。

Google さんがこういう対応取れば影響力はでかい。

Google さんにはお世話になっているからね。

これからもよろしくお願いいたします。

変なサイトが検索上位に出てくる対策をお願いします。

現状はまだ完全じゃないからね。

それでは、また。

全国発売されたペヤング超超超大盛GIGAMAXを攻略する

こんにちは。

 

この時がやってきた。

今日は13日の金曜日である。

悪魔を倒す日がやってきた。

 

ふと、あるブログを見ていて思った。

そういえば、ペヤング超超超大盛GIGAMAXって全国発売はいつだったけ?と

2018年7月9日である。

ついでに、こんなものを見つけた。

weekly.ascii.jp

なるほど、そういう方法でやるといいのか。

早速やってみよう。

ところで、どこで手に入れればいいのか。

とりあえず、自宅から一番近いファミリーマートに行ってみた。

品揃えはあんまり良くない田舎のコンビニだけど、3個ほど置いてあった。

無事購入を終え帰宅した。

 

本日の試合の情報をお伝えしよう。

こちらが本日の対戦相手である。

凄い体格である。

強敵である。

かやくの量も多いね。かやくを入れる時に改めて量の多さを実感した。

 

まずは、下準備である。

これで、2000ml である。凄い量である。流石に多すぎたかもしれない。

ちなみに、説明では1300ml 必要と書いてある。

 

パス回しで時間稼ぎをしている間に僕のチームのフォワードの選手を紹介しよう。

スープはるさめである。コンビニでついでに買った。

上記のアスキー監督の指示である。

さあ、お湯が沸いた。

お湯を投入する。そして、3分待つ。

台所のシンクに置いておくことで、お湯入れの難関は軽々と突破出来た。

今のうちに、フォワード選手を投入する準備に取り掛かろう。

お湯がこんだけしか残っていないんだけど。分かるかな?

もうほんの少しだけだよ。700ml 余分に作ったはずなんだけど。

なんとか、フォワード選手の分は残っていた。

3分経ちました。

ここからはカウンター勝負です。

ソースを素早くかけて、素早くかきまぜます。

完成である。

これで、対戦相手の準備は完了だ。

僕のフォワード選手のウォーミングアップも完了だ。

僕のチームのベンチメンバーの選手を紹介します。

この中で注目はマヨネーズ選手である。

この人選も監督の指示である。

では、いよいよ試合開始である。

 

試合開始してから約4分が経過しました。ここまで攻め上がりました。

ですが、もう限界です。お腹いっぱいです。

もう吐きそうです。

だって、約1時間半前にお昼ご飯食べたばかりだもの。

僕、少食だから。

でも、ここまで来て引き下がるわけにはいかない。

フォワード選手のスープはるさめ選手は確かに監督の思惑通りに活躍した。

でも、今はもう厳しい。

選手交代だ。ベンチメンバーのマヨネーズ選手を投入します。

凄い。流石マヨネーズ選手である。確かに監督の指示通りに味は変わった。いい感じである。

でも、僕の胃袋のキャパシティーオーバーしてます。一口食べただけでもう無理。

もう吐く。

写真では分からないかもしれないけれど、ゴールが少し見えているのだ。

ここで、試合終了にしたい。ここでリタイアしたい。でも、希望の光がみえているから出来ない。

オランダ戦みたいだ。

2点リードしているのに試合終了までまだ時間がある。

そこから、相手が反撃してきた。

しょうがない。

インターバルにしよう。

前半戦はここで終了だ。

Youtube とか見て時間を潰しました。これで少しはお腹の容量の空きが出来たかな?

後半戦を始めよう。

ゴールは間近なんだ。

意地になって食べだしたけど、無理。全然容量の空きが出来てない。

騙された。

もう涙出てきた。咳き込みが激しい。

もう嫌だ。なんでこんなことしてるんだ僕は。

吐きそう死にそう。

試合終了のホイッスルが鳴った。

(完食後に水でさっとゆすいだだけである。決して残したという不正はしていない。)

約40分の死闘であった。

この後、ほとんど全部吐いてしまったのは内緒である。

しんどすぎた。やはり生半可な気持ちで挑んでいい相手ではなかった。

僕が弱すぎた。

アスキー監督の采配はお見事だったけど、結果は惨敗だった。

まだ挑戦していない方は僕の敵討ちを頼む。

未だにお腹がもたれてる。凄い強敵だ。

それでは、また。

Jリーグの革命の日

こんにちは。

 

凄いニュースが入ってきた。

 

レアルマドリードを退団したフェルナンド・トーレスが日本にやってくる。

交渉が決裂したという報道があったけど、誤報だったようだ。

良かった。良かった。貴重なチャンスをものに出来た。

本当に来てくれたんだね。日本に。まさか本当に来てくれるとは。

バルセロナを退団したイニエスタに続いてトーレスが来るなんて。

半端ないって。

Jリーグ半端ないって。

バルセロナとレアルという世界2大ビッククラブを退団したとは言え、超大物選手を獲得するんやもん。そんなん出来ひんやん普通。出来る?言うといてや。出来るんやったら。

まあ、前もって噂は流れていたんだけれど。本当に実現するとは。

 

そして、サガン鳥栖のこのノリである。

いきなり、最初にこれを出す。もう最高やん。

"ほんトーレス" ってなんやねん。最高やん。本人がいる前でやで。

お見苦しい似非関西弁を心からお詫び申し上げます。

このタオル欲しい。ぜひ売って欲しい。2つともね。絶対に買うから。

 

ヴィッセル神戸サガン鳥栖の試合のチケット争奪戦が始まりました。

僕もほしい。果たしてゲット出来るだろうか?

11月10日(土)にJ1リーグ第32節でヴィッセル神戸のホームでサガン鳥栖と戦う。

距離的にはヴィッセル神戸の方が近いんだけど、思い切ってサガン鳥栖の方まで行っちゃうか。

九州に上陸したことはないからね。

西日本では中学校の修学旅行で広島県に行ったのが今までの記録だからね。

それよりも遠いところに行ったことはない。

だから、ついでに思い切ってみるのも悪くはない。

どうしようか。

お金のことを考えるとノエスタの方がいいんだけど。

兵庫県に上陸するのも初めてだ。

 

サガン鳥栖と言えば、僕らの星稜高校出身の豊田陽平さんがいるから縁があると言えなくもない。

そういえば豊田陽平さん、サガン鳥栖に復帰するだってね。

どちらにするかゆっくりと考えるつもりだ。

焦る必要はないからね。

こんな日が来るとは。

Jリーグを見に行きたいと初めて思った。

Jリーグに目を向けるきっかけを下さってありがとうございます。

お二方の活躍を心から期待しています。

これから、Jリーグを盛り上げていきましょう。

それでは、また。

毎年金沢にカオスな技術イベントがやってくる

こんにちは。

 

ニコニコ技術部というのをご存知だろうか?

カオスな技術がいろいろ集まっていたりする。

僕も好きだ。そういうのって見ているだけで面白いですよね。

 

今月7日と8日に石川県金沢市であるイベントが開催された。

それが、" NT 金沢” だ。

NT金沢2018 - PukiWiki

twitter.com

nt-kanazawa.arunke.biz

金沢駅兼六園口を出ると地下に入っていくところがある。

そこがもてなしドームだ。

地下だから、今回みたいに天候不順でも開催出来る。

Twitter のトレンドにも入った。

そんな人気なイベントだ。

僕はまだ行ったことがないけど。

el.jibun.atmarkit.co.jp

面白そうなイベントでしょ?

去年くらいから存在自体は知っていたけど、日程を調べるのを忘れていたりしている間に今年も逃がしてしまったね。

来年こそは忘れずに日程を調べて行かないとね。

入場無料だから、皆も気軽に行こう。

ステージイベントとかもあるから知識がなくても楽しめるよ。

それでは、また。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved