†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常†

†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。†

MENU

木春由乃の里帰り旅

こんにちは。

 

猛暑が今日から一段落するみたいですけど、

今日から台風とかの影響で

梅雨みたいな天気に逆戻りだそうです。

 

まあ、例年ならこの時期が

梅雨の時期なんで、

何もおかしいことはないんですけど、

なんか今更梅雨に戻られても感があるんですよね。

まあ、雨不足が懸念されているんで

降ることに越したことはないんですけど、

大雨はやめてほしいですよね。

 

地球温暖化の影響かもしれませんけど、

もっと安定してほしいですよね。

こんなんじゃ心身ともに参っちゃいますよ。

 

ということで、

お題「ブルーを写真に収めました」

 

teawase-brog430.hatenablog.com

 

お題の発案者さんによると、

アオハルでもいいとのことなんで、

今回はアオハルでいきますね。

 

とは言いましたけど、

アオハルってなんですかね?

 

その名の通り、あおいはるです。

 

ブルースプリングってことですね。

センテンススプリング

と同じ感じのタイプってことですね。

 

まあ、皆さんご存知かと思いますけど、

かいちくんは陰キャなんで、

アオハルって言ったら

アニメになりますね。

それで、北陸でアニメって言えば、

もうあそこしかありませんね。

 

 

このブログのアシスタント

としても有名な木春由乃さんの

生みの親でもある P.A.WORKS さんです。

その本社が富山県の南砺市の城端にあります。

 

 

誕生した 2017年からもう5年経ちました。

もうここには3回ほど来てるんですが、

5年ぶりにやって来ました。

何回来てもいいですね。

 

そういえば、今

巷で話題のパリピ孔明というアニメも

このP.A.WORKS さんが作ってます。

今まだに現役バリバリってことですね。

本当に頭が上がりません。

 



この本社の横には

カフェが併設されています。

 

その建物の1階には

クリエイタープラザとかいうのがあります。

その一角に何かお部屋があります。

 

 

誰でもタダで入っていいって

書いてあったんで入ったんですけど、

中には作品の原画とかがあちこちに。

写真を撮って、ネットにあげていいのか

心配になるほどのクオリティが高い

原画や作品の中で使っていた備品とかが

展示されています。

今はお昼時だからなのか、

そもそもコロナ禍だからなのか

分かりませんけど、

誰もスタッフさんとかいなくて。

写真とか撮っていいのか

怖くなったので辞めておいたんですけど、

実際に使っている原画を描いている机なんか

置いてあって、そこで実際に

作品の原画を見ながら実際に描いてみる

ということも出来るらしい。

流石にそれを写真に撮るのは

恐れ多くて撮ってないけど、

本当にそんなものが置いてあったんですよ。

ストリートピアノみたいに

誰でもタダですぐに使える感じで。

絵師さんとかは実際にやってみてはいかがでしょうか。

僕にはとても出来ません。

そもそも絵なんか描けないし。

 

木春由乃さんの作品で

実際に使われていたものも

堂々と展示されていて

もう本当にすごかった。

 

さらにそこにテレビが置いてあって、

アニメの映像が流れてて。

それを見ながら飲食出来る

スペースがありました。

会議が出来るほどのスペースがある机です。

ここ、本当になんなんですか。

怖すぎる。

 

そんな建物の2階にカフェがありまして。

5年ぶりに入ったんですが、

中がもう全然変わってて。

すごく広いスペースに

ソファとか丸いテーブルとか

が置いてあって、

まあ、陰キャが

来るようなとこじゃない感じ。

ASUSのルーターがあってかっこいいし、

本が売ってるスペースもあって、

そこにはアニメグッズとか

他にもお土産品とかがあって。

有料のワーキングスペースとかもあって。

もう変わり過ぎてて青ざめた。

 

 

でもそうなっても大丈夫なんです。

そこから徒歩すぐで、

桜ヶ池クアガーデンというとこがあって。

ここは宿泊施設なんですけど、

温泉とプールがあって、

日帰りでも使える。

最高の癒しスポットなんです。

 

いつからか知りませんけど、

ネットで当日でも買える

割引クーポンがあるので

それを使えば、割安で入れます。

 

 

身体を癒したら、すぐのとこにある

こちらでクライミングしたり、

 

 

愛の鐘を鳴らしたり、

 

 

桜ヶ池で思い出を作ったり。

 

 

自販機で萌えたり。

 

と出来ます。

 

 

そんな便利なスポットたちが、

東海北陸自動車道の城端S.A. から

直でアクセスすることが出来ます。

トラックが並んでいるのが高速道路側です。

その奥が一般道側。

上り下りどちらからでもアクセス出来ます。

 

是非とも皆さん

北陸のアオハルの聖地に

いらしてみてください。

Copyright (c) 2018-2022 Kuunyan_takashi All Rights Reserved