カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

ブロガー界隈に蔓延している闇に巻き込まれないように

こんにちは。

 

世の中は甘くないとか言う言葉がある。

知らない方が良かったと思ってしまうこともある。

期待していた(夢見ていた)現実と実際の現実は違う。

そんなことってあるよね。

 

僕が高校を受験する(中学校3年生)時、どの学校を受験するか迷っていた。

ある程度以上の偏差値が高いところに行けばいじめとかから解放されると思っていた。

でもそんなある日、地元紙にとある記事が掲載された。

地元のとある高専の1年生が家出したとかだったかな?

原因が学校でのいじめらしいとのことだった。

その記事を読んで当時の僕は思った。

結局、どこに行っても変わらないんだなと。

この一件で受験校探しへのモチベーションが著しく低下した。

僕が無駄に期待していただけだって分かってるけど、いざこうやって現実を思い知らされるとすごく萎えてしまった。

 

それから年月が経ち、今ははてなブログでブログを書いている。

そんなある日、とある情報が入ってきた。

ふと、興味本位で覗いてみたら真っ暗な闇の世界を知ってしまった。

mecchanikukyu.hatenablog.com

もう既に読まれた方もいるだろう。

まだならば、まずは読んでいただきたい。

プロブロガー界隈で有料リンクが横行しているという事実を教えてくれている記事である。

 

有料リンク?なにそれ?という状態の僕でも事の重大さは読んで理解した。

Google規約違反なのである。

ネット社会で生きていく上で、欠かせない Google 先生に歯向かうなんて許せない。

そうです。僕は、Google 信者である。

 

話を戻そう。

有料リンクとは通常のリンクとは異なり、対価を得るという悪質な行為なのである。

分かりやすく説明しよう。

僕たちが普段、行っているリンクを貼るという行為はもちろん、Google規約違反にはならない。

けど、有料リンクは規約違反になってしまう。

リンクを貼る(貼った)ことで対価を得ているかどうかが問題となる。

上記に貼った記事の部分を見てみよう。

HTML編集画面で例の部分だけを切り取るとこうなる。

 

><iframe class="embed-card embed-blogcard" style="display: block; width: 100%; height: 190px; max-width: 500px; margin: 10px 0px;" title="プロブロガー界隈で有料リンクが横行!違反リスト集めてみたわよ - あなたそれ、甚だナンセンスだわよ!" src="https://hatenablog-parts.com/embed?url=http%3A%2F%2Fmecchanikukyu.hatenablog.com%2Fentry%2F2018%2F08%2F17%2F183034" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><cite class="hatena-citation"><a href="http://mecchanikukyu.hatenablog.com/entry/2018/08/17/183034">mecchanikukyu.hatenablog.com</a></cite></p>

 

 ここのこの部分に注目しよう。

<a href="http://mecchanikukyu.hatenablog.com/entry/2018/08/17/183034"> 

 

ここを以下に修正する。

<a href="http://mecchanikukyu.hatenablog.com/entry/2018/08/17/183034" rel="nofollow">

<a heref のところの最後の > の前に rel="nofollow" と追加する。

これを追加しないと有料リンクとなってしまうそうだ。

これをつけずにおくと、リンク先の記事を検索エンジンでの検索順位を上げることが出来る。

よって、わざと検索順位を上げるために rel="nofollow" をつけないブロガーがいるわけだ。

自分の過去記事だとか、紹介したい記事とかの場合は特に問題ないと思うけど。

だが、有料リンクは購入することも出来る。

つまり、お金を払って検索順位を上げている人がいるというわけだ。

それも今回発覚したブロガー界隈ではスポンサー募集と銘打って、有料リンクを購入させていたわけである。

中には騙されて購入してしまった方もいるかもしれない。

こんなこと許せない。

Google規約違反になる理由が分かったはずだ。

もうこんなことは止めないといけない。

騙されてしまう人をこれ以上増やさないためにも。

もう僕の中でプロブロガーの信頼性は落ちてしまった。

勝負するならば、不正なんかしないで正々堂々と勝負しようよ。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved