カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

全国発売されたペヤング超超超大盛GIGAMAXを攻略する

こんにちは。

 

この時がやってきた。

今日は13日の金曜日である。

悪魔を倒す日がやってきた。

 

ふと、あるブログを見ていて思った。

そういえば、ペヤング超超超大盛GIGAMAXって全国発売はいつだったけ?と

2018年7月9日である。

ついでに、こんなものを見つけた。

weekly.ascii.jp

なるほど、そういう方法でやるといいのか。

早速やってみよう。

ところで、どこで手に入れればいいのか。

とりあえず、自宅から一番近いファミリーマートに行ってみた。

品揃えはあんまり良くない田舎のコンビニだけど、3個ほど置いてあった。

無事購入を終え帰宅した。

 

本日の試合の情報をお伝えしよう。

こちらが本日の対戦相手である。

凄い体格である。

強敵である。

かやくの量も多いね。かやくを入れる時に改めて量の多さを実感した。

 

まずは、下準備である。

これで、2000ml である。凄い量である。流石に多すぎたかもしれない。

ちなみに、説明では1300ml 必要と書いてある。

 

パス回しで時間稼ぎをしている間に僕のチームのフォワードの選手を紹介しよう。

スープはるさめである。コンビニでついでに買った。

上記のアスキー監督の指示である。

さあ、お湯が沸いた。

お湯を投入する。そして、3分待つ。

台所のシンクに置いておくことで、お湯入れの難関は軽々と突破出来た。

今のうちに、フォワード選手を投入する準備に取り掛かろう。

お湯がこんだけしか残っていないんだけど。分かるかな?

もうほんの少しだけだよ。700ml 余分に作ったはずなんだけど。

なんとか、フォワード選手の分は残っていた。

3分経ちました。

ここからはカウンター勝負です。

ソースを素早くかけて、素早くかきまぜます。

完成である。

これで、対戦相手の準備は完了だ。

僕のフォワード選手のウォーミングアップも完了だ。

僕のチームのベンチメンバーの選手を紹介します。

この中で注目はマヨネーズ選手である。

この人選も監督の指示である。

では、いよいよ試合開始である。

 

試合開始してから約4分が経過しました。ここまで攻め上がりました。

ですが、もう限界です。お腹いっぱいです。

もう吐きそうです。

だって、約1時間半前にお昼ご飯食べたばかりだもの。

僕、少食だから。

でも、ここまで来て引き下がるわけにはいかない。

フォワード選手のスープはるさめ選手は確かに監督の思惑通りに活躍した。

でも、今はもう厳しい。

選手交代だ。ベンチメンバーのマヨネーズ選手を投入します。

凄い。流石マヨネーズ選手である。確かに監督の指示通りに味は変わった。いい感じである。

でも、僕の胃袋のキャパシティーオーバーしてます。一口食べただけでもう無理。

もう吐く。

写真では分からないかもしれないけれど、ゴールが少し見えているのだ。

ここで、試合終了にしたい。ここでリタイアしたい。でも、希望の光がみえているから出来ない。

オランダ戦みたいだ。

2点リードしているのに試合終了までまだ時間がある。

そこから、相手が反撃してきた。

しょうがない。

インターバルにしよう。

前半戦はここで終了だ。

Youtube とか見て時間を潰しました。これで少しはお腹の容量の空きが出来たかな?

後半戦を始めよう。

ゴールは間近なんだ。

意地になって食べだしたけど、無理。全然容量の空きが出来てない。

騙された。

もう涙出てきた。咳き込みが激しい。

もう嫌だ。なんでこんなことしてるんだ僕は。

吐きそう死にそう。

試合終了のホイッスルが鳴った。

(完食後に水でさっとゆすいだだけである。決して残したという不正はしていない。)

約40分の死闘であった。

この後、ほとんど全部吐いてしまったのは内緒である。

しんどすぎた。やはり生半可な気持ちで挑んでいい相手ではなかった。

僕が弱すぎた。

アスキー監督の采配はお見事だったけど、結果は惨敗だった。

まだ挑戦していない方は僕の敵討ちを頼む。

未だにお腹がもたれてる。凄い強敵だ。

それでは、また。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved