カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

初体験尽くしの超会議遠征奮闘記 第16話 JALのクラスJを体験した話

こんにちは。

 

超会議2018終了後の2018年4月30日に羽田空港から小松空港に帰省するにあたって、搭乗予定の飛行機を変更しました。

 

当初予定していた便では、搭乗時間からタイムスケジュールを逆算して出発時間を考えていたところ、空港でお土産を買ったりする時間がないことに気づきました。

 

よって、搭乗予定の飛行機を変更しました。出発日2日前だったので料金の割引サービスを使うことが出来ました。

そうしたら、偶然にもクラスJに空きがあったのですぐさまクラスJを確保しました。

 次いでにサクララウンジも確保しました。

solitude-diary.hatenablog.com

 

上記の記事に書き忘れましたが、JALサクララウンジのトイレを利用しました。トイレ後に洗面台で手を洗うわけなんですが、なんと冷たい水じゃなくて暖かい水が出てきたんです。水とお湯が両方出るタイプじゃなくて、普通の水しか出ないタイプのやつからですよ。凄くない?

 

話がそれました。クラスJですね。

普通席に1000円をプラスすることで利用できる少し格上の座席です。

1つの便に数的には20くらいしかありません。だから競争が熾烈なんです。

 

そんな貴重な体験をすることが出来ました。

 

ちょうど、僕の身体が疲れで悲鳴を上げていた時だったんです。

普通席よりも座席の幅が少し広く、足元のスペースも少し広くなっています。

だけど、10㎝くらいしか変わりません。違い分かるような感覚は僕、持ってないです。

普通席ならば前の座席の背中にテーブルがついています。クラスJでは、腕を置くところの下に格納されています。2つ折りのタイプです。

これだけだと1000円分には程遠いですよね。

1000円分の違いにしてくれるのが座席の違いです。

広さの違いはもう言いましたね。それ以外にもあるんです。

リクライニング機能が付いてるんです。

背中の部分と足の部分と両方です。自動ではないです。手動です。

後ろにも人がいるので、今回は背もたれ倒しませんでした。

足の部分だけ体験したんですが、これだけでもいいんです。

疲れていたから余計そうだったのでしょうが、足を伸ばした時に足を置けて力を抜いてリラックス出来るって、気持ちいい。身体が楽。

これだけのために1000円払っても全然気にならない。

後、座席も飛行機の先頭部分にあるからか、着陸時とかに感じる衝撃も普通席の時よりも凄く軽減されてる。離陸時に浮いてる気分も普通席よりも多く感じた。

これで、+1000円か。

うん。こっち選ぶかな。

クラスJは良かった。

お勧めとは言いません。競争相手がこれ以上増えるのは嫌だから。

もっとクラスJの座席数増やしてくれたらいいのに。

お布施が足りないからそんなこと言ったって無理だろうけど。

 

それでは、また。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved