†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常†

†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。†

MENU

第三十四回文学フリマ東京イベントレポート

こんにちは。

 

もっと早く書く予定でしたが、

色々と用事が重なって

遅くなってしまい申し訳ありません。

 

2022年5月29日に

東京流通センターの

第1展示場にて開催された

第三十四回文学フリマ東京に

出店して来ましたので、

イベントレポートをお送りします。

 

今回は前日も休みを確保出来たので、

飛行機でゆっくりと向かうことにしました。

 

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

以前、紹介したように

小松空港を舞台にした

”人生のトランジット”

と言う作品で使われた

顔はめパネルが設置されている

小松空港より出発です。

 

 

ちょうどお昼頃に到着したので、

昼食を取りました。

有名な小松自衛隊の基地カレーを

おしゃれなカフェで食べました。

サラダと飲み物を付けて

合計で3000円ぐらいになってしまいましたけど、

やっと憧れの小松自衛隊の基地カレーを

食べれて良かったです。

 

 

展望デッキにやって来ました。

離陸していく飛行機を間近で

初めて見ることが出来ました。

楽しかったです。

 

まだ搭乗時間まで時間があるため、

ラウンジで過ごすことにしました。

有料ラウンジでしたが、

ゴールドのクレジットカードがあれば

二時間までですが、無料で使えるとのことです。

奥の方にあってわかりずらいと言うのもあってか

人がほとんどいなかったです。

ソファーのクッションがふかふかで

とても快適に過ごせました。

 

そうして、飛行機に乗って

離陸します。

その後、しばらくしたとある時です。

ふと気付いたらなんか山が見えたんですね。

福井県から太平洋の方を

回っていくルートだったはずなんで、

山が見えるもんだったっけ?ってなって

Google Maps で確認してみたんですね。

そうしたら、なんと富士山でした。

 

 

生で初めて見ました。

本当にグッドタイミングで

気付けて良かったです。

 

 

羽田空港からモノレールに乗って、

山手線でやって来ました。

東京駅です。

東京駅には何度も来てますが、

丸の内駅舎を生で見るのは

今回が初めて。

まだ明るい時間帯に

東京駅に着いた事がなかったんでね。

YouTube では何度も見てますけど、

生で見るとやっぱり迫力ありますね。

 

 

今回は東横インに宿泊しました。

バイキングスタイルで好きなのを

選んでよそって

お部屋に持っていって食べる

と言うスタイルでした。

 




日が変わって翌日になりました。

本日が、文学フリマの日になります。

まだ朝早いですが、

東京スカイツリーにやって来ました。

ここに来るのも今回が初めて。

流石、日本一ですね。高いですね。

 

 

東京スカイツリーの近くにある

東武鉄道のとうきょうスカイツリー駅から

お隣の浅草駅にやって来ました。

この駅間は、観光名所みたいな感じで

見所が多々ある区間です。

皆さんご存知のあの隅田川を渡りますし、

金色で有名のあの

アサヒビールのトレードマークも、

見ることが出来ます。

この駅間なら特急列車にも

特急料金なしの普通列車と同じ料金で、

乗ることが出来ます。

 

 

なんか知らないですけど、

昭和62年の時刻表が貼ってあります。

 

 

ふと歩いていたら、こんなのを見つけました。

東京でこういうのがあるのって

なんか凄いですね。

(当時のままなのか知らないけど)

 

 

やって来ました。

浅草寺です。

あさくさの寺って書いて

せんそうじって読むらしいです。

浅草寺というのは聞いたことがあるけど、

本当に浅草駅のすぐそばにあるんですね。

 

 

これが、その浅草寺です。

テレビとかで有名な雷門があるけど、

そこまでちょっと距離がありますし、

混んでるところですし、

ちょっと急いでますんで、

今回はパスしますね。

 

 

浅草駅に戻るんですけど、

今回は別の浅草駅に行きます。

乗ってきたのは東武鉄道ですが、

これから乗るのは都営地下鉄です。

これとは別に東京メトロもあります。

(この他にもJR線もあります。)

それぞれ駅が別のところにあって

行けるところも全然違うんで、

ややこしいですね。

 

 

都営地下鉄の浅草駅から

京急線経由で天空橋駅にやって来ました。

 

駅のすぐそばに羽田イノベーションシティー

という新しい複合施設が最近出来たんです。

 

 

ここの特徴は羽田空港の

近くにあるということで、

羽田空港から離発着する飛行機を

楽しむことが出来るんですね。

すぐそばが羽田空港の第三ターミナルになります。

 

 

それだけでなくて、

展望デッキには足湯があります。

自販機でタオルを買えるので、

手ぶらで行っても大丈夫です。

足湯に入りながら

飛行機を思う存分に眺めれる。

最高のスポットです。

 

ただ、今日は暑い。

三十度超える予想になってるだけあって、

暑いですね。

 

 

駅に戻って、東京モノレールに乗って

文学フリマ東京の会場がある

東京流通センターにやって来ました。

 

出店者受付は午前10時半からとなってます。

ちょうどその辺で到着しました。

人がそこそこいますね。

 

出店者の入場証を渡して、

体温測定をして、

アルコール消毒をして、

出店者の入場シールを貰って

入場します。

 

そうすると、これが

 

こうなります。

 

iPhone さんによると、ブースの大きさはこれくらいらしいです。

 

 

 

会場内はこんな感じ。

 

 

今回はこれが無料配布されてました。

 

そんなこんなで、正午に開場しました。

 

自分のとこのカテゴリーは

人気カテゴリーではないので、

人がそんなに来ないと思ってましたけど、

人出はそこそこ最初からありましたね。

 

でも、建物を支える大きな柱が

斜め左にあるので、

そこを川の三角州みたいに

避ける過程で少し死角みたいな感じに

なりやすいゾーンに属してたので、

僕らの近くを立ち止まる人は

そんなにいませんでしたね。

 

両隣も向かい岸も同じような感じでしたので、

別に自分だけではなかったのも

居心地的には悪くなかったです。

 

宣言通り、YouTube を見てたんですけど

気付いたら午後の2時になってました。

あっという間でしたね。

全然退屈しなかった。

立ち読みしてくれた方が2名いらしたけど、

購入には至りませんでした。

 

それとは全く関係ないんだけど、

三十路になったからか、

二時間近く座りっぱなしだと

お尻が痛くなって来たんです。

 

小松空港のラウンジでも

二時間座りっぱなしでしたけど、

ソファーが快適で

全然苦痛ではありませんでした。

 

でも、今はパイプ椅子。

流石にちょっとしんどいです。

前回は大丈夫だったと思うんだけど、

歳を取ったんですね。

 

もうそうなったら、

YouTube を見てても無理。

すぐに帰りたくなりました。

 

なんで、早く切り上げることにしました。

 

他のとこは基本的に

複数人で交代しながらやってるんで、

問題ないんですけど、

僕は一人だけですしね。

少なくともクッションとかは

今度以降は必要そうですね。

 

 

ということで、羽田空港の

第1ターミナルの展望デッキにやって来ました。

流石、羽田空港ですね。

小松空港と飛行機の数が段違い。

 

ラウンジに入ろうとしたんですけど、

間違って財布をリュックの中に入れたまま

預けてしまいました。

なんで、ラウンジには入れない。

一応、ナンバーレスなんで、

スマホからもクレジットカードを

表示することは出来るんですけど、

それでいけるかどうか分からなかったんで

やめておきました。

 

代わりに空港内をうろうろしていたら、

マッサージ機を見つけました。

財布を持ってませんでしたけど、

なんとキャッシュレス対応になってました。

流石、東京ですね。

キャッシュレス対応凄いです。

10分間があっという間でした。

 

その後、保安検査を終えて、

搭乗口に向かいました。

 

そろそろ搭乗開始かなあと思ってたら、

搭乗口の変更のアナウンスがありました。

せっかく、十番だから十番の方に来たのに

十五番に変わったので、

また数百メートル移動しないといけない。

羽田空港が本当に広すぎて、

搭乗口に行くだけでも

あっちに行ったり、こっちに行ったり。

勘弁してほしい。

 

そうして、なんとか到着して

搭乗まで待ってたら

Twitter の方にとあるDMが来たんです。

なんかメロンブックスの方からみたい。

詐欺かと思ったんですけど、

どうやら本物のアカウントでした。

あなたの作品を委託販売してみないかい?

というお誘いでした。

 

一体どこからどういった基準で、

そういうことになったのかは

分かりませんけど、

そういうのが僕のところにも来たのは

少し嬉しいかもしれません。

まあ、今のところは

1冊も売れた実績もないし、

別に売りたい気持ちもないので、

お誘いは今はお断りしましたが、

今後のために一応、縁はキープしておきました。

 

ご縁を頂いたということで、

今回参加して良かったと言えるかも知れません。

 

間も無く、今回の参加の YouTube 動画も

上がりますので

そちらの方もよろしくお願いします。

それでは、また。 

 

 

 

Copyright (c) 2018-2022 Kuunyan_takashi All Rights Reserved