カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

平成最後の夢の J リーグ の試合観戦記

こんにちは。

 

皆さんは、サッカー観戦好きですか?

ワールドカップしか見ない人とかもいるでしょうが、

Jリーグも見ている人もいますよね。

 

Jリーグの試合を見に行ったことはありますか?

僕は、前に一度だけあります。

親戚の誘いでアルビレックス新潟サンフレッチェ広島の試合を見に行きました。

ビッグスワンに見に行ったのですが、

とてもたくさんの人がいたのを今でも印象に残っています。

ちょうど、J2優勝を決めたシーズンです。

調べてみたら、2003年でした。

あれからもう16年が経ちました。

サンフレッチェ広島はJ1優勝したのに、

アルビレックス新潟はJ2についに落ちてしまいました。

どこで差がついてしまったんでしょうね。

 

その後、地元にアルビレックス新潟が来た試合を見に行ったこともありました。

いつだったかは忘れましたが、相手はガンバ大阪でした。

 

それ以降は、一度もJリーグの試合は見に行っていません。

Jリーグへの関心が低下していったからでしょう。

 

そんな状態を変えたのが去年です。

イニエスタヴィッセル神戸にやってきて、トーレスサガン鳥栖にやってきました。

Jリーグでこの2人の巨匠を見れる日が来たんです。

にわかなんでどんぐらい凄いのかよく分かっていないですが、

とても凄いことだとは思っています。

こんな機会はそうあるものではありません。

だから、この機会に観戦しに行きたいと思ったわけです。

でも、同じように思う人はたくさんいるわけで。

ヴィッセル神戸サガン鳥栖のチケットはすぐに完売してしまいます。

ノエスタまでも、そう気軽に行ける距離でもないですし。

 

いつかは行きたいけど、行けないなあ。

と思っていましたが、ついにチャンスがやって来たんです。

それが、2019年3月2日です。

平成最後のヴィッセル神戸サガン鳥栖の試合で、ノエスタで行われます。

 

 

 

 

 

 

 

キックオフが15時なので、朝早く自宅を出ればなんとか間に合う計算です。

ですが、チケットはもうすでに完売状態。

値段が高い一部のチケットはまだ残っていますが、

約15000円も出せる余裕はありません。

そう諦めていました。

でも、ふと2日前ぐらいにもう一度確認してみました。

突然、その気が湧いて出たんです。

神様のお告げでもあったんでしょうね。

ホーム自由席に空きがあったんです。

見事にキャンセルが出ていたんです。

これで、4500円で観戦出来る。

というわけで、ノエスタに行ってきました。

 

2019年3月2日。

午前7時前に家から出発しました。

最寄り駅から午前7時30分ごろ出発して神戸市に向かいます。

今回は、給料日前で手元にお金がないのでキャッシュレスでの遠征です。

交通費削減のため、行きは普通列車のみで行きます。

まずは、スマート ICOCA を使っていきます。

同じ利用エリアなので基本的に使えるわけなんですが、

総移動距離が200km を超えます。

200km を超えての利用は出来ないようなので、

途中で一旦改札を通らないといけなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約1時間で福井駅に到着しました。

乗り換えまで時間があるので、ここで一旦改札を抜けます。

スマート ICOCA にクイックチャージを済ました後、食べ物を補給します。

お昼ご飯も晩御飯もまとめてここで買っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iD でこれだけ買いました。

ちょっと買い過ぎたかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福井と言えば、恐竜ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームにもこんなものがありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに約1時間ほど乗り継いで敦賀駅に着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまででやっと旅の折り返し地点になります。

ここからが、旅の醍醐味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本一速いとか言われている新快速に乗ります。

新快速に乗るのは初めてです。

時速最高130kmで走るそうですよ。

楽しみです。

今回乗るのは、新快速の湖西線経由の姫路行きです。

播州赤穂行きとかもありますし、米原経由のもあります。

 

近江舞子駅までは各駅停車、それ以降は快速運行です。

途中で4両編成から12両編成になります。

 

ある程度の混雑を予想していましたが、敦賀駅ではまだ全然混んでいません。

堅田駅を出てから速度がとても速くなりました。

思わず声が漏れてしまうぐらいの速さです。

京都駅まで混雑はそれほどありませんでした。

状況が変わったのは、京都駅に着いてからです。

たくさんの人がなだれ込んで来ました。

乗車率は200%を超えていると思うぐらいです。

車内アナウンスも車掌さんも京都駅から変わりました。

大阪に着きました。

一気に人が降りていきます。

京都駅と大阪駅の間がとても混む。

それ以外はそれほど混まないんだね。

大阪駅を過ぎたあたりから足が痺れてきました。

このままだとエコノミークラス症候群になるやつです。

4人のクロスシートにずっと座っていましたからもう限界です。

お腹も空いてきましたし、トイレもしたくなってきた。

なんとか着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三ノ宮駅です。

ホームで補給してきた食べ物を食べてから行動開始です。

トイレも済ませました。

地下鉄の海岸線に乗り換えます。

改札を通る前にここに立ち寄ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィッセルバーです。

ここで、試合のチケットを発券します。

QRコードを機械に読み込ませるだけです。

キックオフまで2時間を切ってますので、ここでも列が出来てます。

 

地下鉄の海岸線で御崎公園に向かいます。

地下鉄は満員ですが、なんとか座れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御崎公園駅の2番出口に向かいます。

これが、待ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段を上り終えると、 何かを配っている人達が待っています。

禁止の貼り紙が貼ってある傍からですよ。

ディフェンスを乗り越えて行かないとゴールへ辿り着けないということですね。

左折して、直進するとノエスタが待ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の試合は、2019シーズンのヴィッセル神戸のホーム開幕戦でもあります。

ですので、凄い盛り上がりですね。たくさんの人です。

 

キックオフまで約1時間前に到着しましたが、

ホーム自由席も既にだいぶ埋まりつつあります。

 

試合はこうなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィッセル神戸が1対0で勝利です。

 

最初からヴィッセル神戸ペースで試合が始まりました。

前半の途中からサガン鳥栖の時間もありました。

ただ、後半は完全にヴィッセル神戸のペースでした。

先制ゴールが決まって、完全にサガン鳥栖は終わってしまいました。

その後も全く攻めることも出来ず、試合は終わってしまいました。

ヴィッセル神戸も前半はいいチャンスが何度かありましたが、

後半はゴール以外はいいチャンスはほとんどありませんでした。

前半は見ていて面白かった試合でしたが、

後半は見ていてちょっとつまらなかったです。

 

試合後、ヒーローインタビューを見た後に会場を去りました。

すぐに退場規制に飲み込まれてしまいましたが、

なんとか御崎公園駅に辿り着きました。

御崎公園駅から地下鉄の海岸線に乗りました。

満員でしたが、なんとか座れました。

ちょうど、僕の前にサガン鳥栖のサポーターがいました。

彼らが言っていたように、サガン鳥栖も上手くやれば同点に行けてたと思います。

だから、サガン鳥栖にはちょっとガッカリだったかな。

ミスで失点してしまったし。

それさえなければ、引き分けになっていたでしょうから。

 

サガン鳥栖は、今年も厳しいシーズンになるだろうな。

サガンさん。良かったらJ2に来てみない?

そうしたら、地元でトーレスが見れるんだ。

僕らがJ1に上がればいいって?

そういう日が来るといいんだけどね。 

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved