†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常†

†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。†

MENU

漫画のような世界に浸れるモノクロCHAYA に行ってみた。

こんにちは。

 

皆さんの中には、

子供の頃に小学館とか、

週刊少年ジャンプとかを

読んでいた方がいるかと思います。

今でも面白い漫画とかいっぱいありますよね。

 

漫画を読むなら漫画喫茶などが

ありますけど、

どうせなら漫画の世界観に浸ってみたい

と思ったことがある方も多いと思います。

 

そんな漫画みたいな世界を

堪能出来るところが新しく出来たので、

皆さんにご紹介します。

 

それが、"モノクロCHAYA"  です。

 

www.instagram.com

 

とりあえず、まずはまあ

上記の公式Instagramを見てください。

和風のカフェなんですけど、

店内がまあ凄い感じになってます。

 

 

石川県の金沢市の金沢駅から徒歩で約5分ほど。

住宅街の中にポツンとあります。

 

お店に入ったら、

まずはレジに行き注文しましょう。

そこにしかメニューが置いてありません。

メニューもモナカアイスとドリンクしかありません。

(その代わり種類は5〜6種類ぐらいあるけど)

 

レジに行ったら、店員さんからまずは

撮影スペースを利用されるかどうかを聞かれます。

撮影スペースという立派なものが

店内に用意されているんですけど、

予約制となっているためです。

(当日その場で予約出来ます)

是非とも、お勧めなんで撮影スペースを

利用してみてください。

その際には、モナカアイスとドリンクを

両方とも注文する必要があります。

そうすることで、5分間の間

独占して利用することが出来ます。

 

 

レジで注文したら

好きなところの席に座りましょう。

右にあるのがイオンのフードコートとかで

よくある出来たら音が鳴るやつです。

よく見ると、右下に英語表記で店の住所が

書いてあります。

なので、これだけを撮影して

ネットに上げても、

お店の宣伝が出来る仕組みになってます。

それでいてデザインがシンプルです。

ここからも分かるように、

このお店はデザインがよく考えられています。

 

では、いきますよ?

今からお店の中を映した写真を

載せるんですけど、

これは3次元で撮った写真です。

2次元の絵ではありません。

CGなどで一切、合成などはしてません。

現実世界をただスマホで一発撮りしたもので、

加工などは一切、しておりません。

脳がバグる感覚になりますので、

ご了承ください。

 

 

そうこうしていると、

音が鳴ったので、レジの方へと行くと

撮影スペースの方の順番が来たことを

伝えられました。

なんで、撮影スペースへと移動します。

 

 

こちらが撮影スペースです。

 

 

利用の際には、上記のルールを守りましょう。

撮影のアシスト役も兼ねて

店員さんも一人、近くでずっと見てたので

その点もきちんとしていて、よかったです。

 

 

この撮影スペースには、

ご覧のようにちゃんとした

照明も用意されています。

なんで、撮影環境はとてもいいです。

 

置いてある刀も振り回さない範囲内なら

撮影に使用することも出来ます。

 

 

一組5分までの時間制限は必ず守りましょう。

 

 

撮影終了後、注文したのが出来てる

ということで受け取りました。

なかなか呼ばれないなあと思ってたんですけど、

どうやら撮影スペースの順番が、

終わってからになるように調整してくれたようだ。

商品を受け取ったところでは、

このように撮影出来るようになっている。

(店員さんから是非とも

ここで撮ってくれと言われた)

 

そういうところからも分かるように、

このお店はインスタなどで

宣伝してもらうように

色々と考えられている。

 

貝殻みたいなのが、もなかになっていて

アイスを挟んでいる感じですね。

こういうのを初めて食べるんで、

どうやって食べていいのか

最後まで分からなかったです。

アイスだけ先に食べて

もなかだけ後に食べたけど、

どうすればよかったんだろうか?

ドリンクはオレンジジュースにしました。

 

今回はコインパーキングに

車を停めているので、

そこまで長居はしなかったけど、

それさえなかったら長居出来てました。

横になれそうなスペースがある

ベンチみたいなのもあったから、

人目を気にしなければ横にもなれた。

平日の午後に行ったので、

そこまで混んでなかったので

終始快適でしたし。

皆さんもぜひ、金沢駅に来た時は

一度でもいいので訪れてみてください。

Copyright (c) 2018-2022 Kuunyan_takashi All Rights Reserved