†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常†

†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。†

MENU

百日祝いに行ってみた

こんにちは。

 

戻り梅雨みたいな天気から

猛暑の夏に戻りつつありますが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

どうしても猛暑の夏になってしまうと、

暑さで夏バテしてしまいますけど、

夏バテしないようなピチピチな

身体を保てるように出来ればしたいですよね。

 

ということで、暑さを吹き飛ばせるような

ピーチピチな身体になるように

"ももかいわい"  というやつに行ってきました。

 

漢字で書くと  ”百日祝い"  となります。

その名の通り、百日経ったことを

記念したお祝いなんですけど、

生後100日経った赤ちゃんに対して

行う儀式だそうです。

 

別にちょうど100日目にやる必要はなくて、

多少前後してもいいとのことらしいですが、

今回はちょうど百日目にやるということです。

百日経った時にしかやらないものなので、

成人式などと同様に一生に一度しか

経験出来ない貴重な儀式となります。

 

www.oiwaizen.com

 

 

正式には "お食い初め" と呼ばれているようです。

健康な身体に育って美味しいご飯が食べれるように

(一生食べるのに困らないように)

というのを願ってやる儀式だそうです。

 

きちんとした儀式なんで、

きちんとしたやり方とか

色々と決まりとかがあるらしいですが、

最近ではあまりそういうのに拘らない

方々が増えているようです。

(大事なのは気持ちですからね)

そもそも、最近ではこの儀式を

やらない方々もそこそこいるでしょう。

 

でも生憎、イモト(僕の妹)と

ホリエモン(妹の夫)は

やるって決めたそうですし、

ホリエモンの両親から僕の方にも

招待が届いたということもあって、

僕もその儀式に参列することになりました。

 

赤ちゃんはまだ僕たちみたいな

普通の食事は食べれないので

仕方がない部分はあるんでしょうけど、

儀式で食べさせる真似をされて

食べさせてもらえず、

その後も僕らが食べてるのを見てるだけって

なんか可愛そうな気もしないでもない。

 

 

今回はこちらの料亭みたいなところで、

儀式を行いました。

別に自宅とかでもやっていいんですけど、

わざわざ備品とか準備するのも面倒ですよね。

なんで、こういうところでお願いすると、

全部お任せで準備とかしてくれるらしいです。

 

大事な儀式のところは

動画しか撮ってないので、

皆さんにお見せすることは

出来ませんけど、

その後に僕ら皆さんで(赤ちゃん抜きで)

お祝いの食事の様子を

写真に納めましたので、ご紹介します。

 

 

まず、これが、お食い初め用のやつです。

これを使って、赤ちゃんに食べさせる真似をします。

使用後は僕らで食べるか持ち帰るそうです。

(今回は僕らで食べました。鯛だけ持ち帰りました。)

中心にあるのが、儀式に使う石です。

これも使用後は記念に持ち帰れます。

 

 

儀式が終わると、僕らの目の前に用意されていた

これらのやつを食して、食事会がスタートです。

 

 

総合すると結構な量でしたけど、

お店が混雑してて出てくるのに

時間がかかったのもあって

なんとか全部食べることが出来ました。

黒毛和牛とかもあったし、とてもよかったです。

会社の飲み会とかと違って、

誰かとかに気を遣う必要もなく、

ただ楽しみながら食事するだけでしたから

とても楽しかったです。

 

皆さんも親族でそういった機会

とかがありましたら、

是非とも参加してみてください。

Copyright (c) 2018-2022 Kuunyan_takashi All Rights Reserved