†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常†

†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。†

MENU

質問を勝手に振ってくれるnock.in を使ってみた。

こんにちは。

 

学校でクラスが変わったり、

会社で働く部署が変わったり、

新しい人が入ってきたりと、

そういう時に自己紹介をすることって

あったりしますよね。

 

そんな時に、何を話そうか

迷ったりしませんか?

 

そういう時の対処法の一つとして、

質問をしてもらって、

それに答える。

というのがあります。

しかし、質問を募集したところで

質問が来ないということが

あったりしませんか。

 

そういう悲しいことが

今後、起きないようにということで、

新しいサービスが出来ました。

 

それが、質問を勝手に振ってくれる

"nock.in" というサービスです。

 

nock.in

 

どんなものか実際にやってみましょう。

 

Q. 言葉が通じない国で

1,000円稼ぐにはどうしますか?

 

定石的には、路上で楽器を演奏したり、

パントマイムとかのパフォーマンスをしたり

するのがいいんじゃないでしょうか。

 

Q. あまり広く知られていないけど

みんなに知って欲しいことは何ですか?

 

最近、Twitter のフォロワーを増やそうかな

と思ってます。

なんで皆さん、僕の Twitter を

フォローしてください。

 

Q. 人はなぜ歌うのでしょう?

 

歌いたいからですね。

 

Q. 世の中に認められていないのが

納得できないものを教えてください

 

もっと簡単に日本から

中国のネットサービスを

使えるようになってほしい。

( BiliBili 動画 とか Alibaba とか)

 

Q. あなたの一番古い記憶は?

 

保育所に通ってたことぐらいですかね。

 

Q. 例えて言うなら、

あなたは何でできていますか?

 

水分ですね。

 

Q. 永住するなら何県?それはなぜ?

 

県縛りってことですね?

それなら、新潟県か愛知県ですかね。

東京に近くて、なおかつ

政令指定都市で発展しているので、

地元でほとんど済ませれちゃうし、

東京とも行き来しやすいから。

今の僕の地元からも

そんなに離れていないし。

 

Q. 地底人への差し入れは何にしましょう?

 

どんな人なのか分からないんで、

無難なお金とか食べ物辺りですかね。

 

Q. 明日はどんないいことがあるでしょう?

 

日本のどこかでおそらく晴れるでしょう。

 

Q. 何かの作品の登場人物に例えると

あなたは誰に近いですか?

 

The MANZAI の瀬田歩くん一択です。

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

Q. どんな動物とでも

1分だけ話せるとしたら何を話す?

 

人間に付いてどう思ってるか。

何をして欲しいか。

 

Q. ボールなしでサッカーを

やる方法を教えてください

 

 PlayStation  と ウイイレのソフト

を用意してゲームをプレイしてください。

 

Q. 今夜はどんな夢を見ましょうか?

 

よく眠れそうな夢でいいです。

 

Q. どうしても捨てられないものはなんですか?

 

お金と人としての心ですね。

 

Q. 本を1冊だけ選んで丸暗記できます。

どの本を暗記してどう利用しますか?

 

広辞苑でググる頻度を減らします。

 

Q. 来世の兄弟構成が決められます。

どんな構成?それはなぜ?

 

来世のことはどうでもいいんで、

今世でお嫁さんを僕にください。

 

Q. ドキュメンタリー番組を作ります。

どんな内容にする?

 

令和が生まれるまで。

 

Q. 10年後のあなたから手紙が届きました。

何と書いてある?

 

今度〇〇がある(起こる)から

〇〇しておいた方がいい的なこと。

 

Q. 富、名声、美貌、知能 1つだけ

手に入るとしたらどれ?それはなぜ?

 

富ですね。

富さえあれば、他のやつは

意図的に変えることが出来ます。

 

Q. 明日は25時間です。どう過ごす?

 

いつもより多めに寝る。

 

Q. 忘れられない放課後の思い出は?

 

部活というものがあって

定時には帰れないこと。

 

Q. アメリカの大統領と1分で

いいから話せる方法を教えてください

 

日本の総理大臣になってください。

 

Q. 例えて言うなら、

あなたは何でできていますか?

 

同じ質問が来たのでここで終わります。

それでは、また。

Copyright (c) 2018-2022 Kuunyan_takashi All Rights Reserved