†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常†

†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。†

MENU

文学フリマ東京出店物語2 #1 Mac でテキスト同人誌を作成してみる

こんにちは。

 

もうすぐで8月も終わりますね。

場所によっては、もう二学期が

始まったところもあるみたいですね。

コロナ禍の影響で二学期の開始が

延期されているところもありますが、

学校の宿題はもう終わりましたか?

(このブログを読んでいる

学生さんはいないと思うけど。)

 

皆さんは、夏休みの宿題とかって

先に済ます派ですか?

後でまとめてやる派ですか?

僕は先に済ます派ですが、

面倒くさいですし、サボりたいという

気持ちも十分にわかります。

 

今のはてなのお題が"サボる"らしいですが、

どうしてもサボりたい時ってありますよね。

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

以前お知らせしたように、

今度の第33回文学フリマ東京に

出店することになりました。

(感染状況などが悪化すれば

取り止める可能性もまだなくはないけど)

 

以前、初出店したのが

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

2019年11月23日なんで、

2年前となりますね。

 

その時の様子を逐一、

ブログに書いておいたわけなんですけど、

いつ頃から書き始めたかと言うのを

記録し忘れていたようでして。

そろそろ書いた方がいいんじゃないの?

と思いながらも、面倒くさい気持ちもありまして。

まだページ数もどれくらいになるか

分かりませんし。

一体、いつぐらいから書き始めると

いいんでしょうね?

(今月より少しずつ書き始めてます。)

 

と言うことで、2年ぶりに

同人誌作りをし始めたかいちくんなんですが、

作り方を忘れてしまいまして。

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

これを見ながらやってます。

 

と言いたいところなんですけど、

今はもうWindows のパソコンを起動すること

なんて滅多にないんですね。

(重くなっているので)

今はもうMacBook Pro しか使ってないんですね。

 

そうなると、自然的に

Windows じゃなくて、Mac

作りたいってなるんですよね。

それで、Mac には word は入ってませんし、

何で作ろうかな?

となったわけです。

 

そうして、Mac では

どんなのを使って作っているのかな?

と言うのを調べてみたんです。

 

そうしたら、以下の4つの選択肢が

出てきました。

 

 

唯一このアンケートに参加してくれた方は、

Adobe InDesign を使っているそうですが、

他にも一太郎とか Word とかテキストエディタ

などの選択肢があるそうです。

(上記のアンケートにまだ答えてくれる方が

いらっしゃいましたら、

Twitter のリプライの方までお願いします。)

 

Word は、Mac 版もあります。

Office365 のサブスクを契約すれば

WindowsMac の双方で

まあまあの値段で利用することが出来ます。

www.microsoft.com

 

一方の一太郎はこれだけの値段になる。

www.justmyshop.com

 

サブスクもないし、

そもそもMac に対応もしていない。

ジャストシステム社さん。ぜひとも対応を。)

 

そして、最後の

Adobe InDesign

www.adobe.com

 

Adobe Creative Cloud コンプリートプラン

に入っていれば、お得に使える。

(フォトショやプレミアなんかも使えるから

この機会に次手に入ると言う手もなくはない)

 

詳しい方法などは、こちらをどうぞ。

note.com

 

こんな感じの選択肢になるんですが、

最終的に僕が選んだのがこちら。

 

booknext.ink

 

 やっぱり、Macと言えば、Pages だよね。

ちょうど、テンプレートがあったんで

それを使って書いてます。

 

今回は、A5 の1段のやつを使用しています。

 

前回、僕は

源暎こぶり明朝

と言うフリーフォントを使用しましたが、

okoneya.jp

 

こちらは、Mac にも対応していました。

 

f:id:Kuunyan_takashi:20210830142235p:plain

 

こんな感じになります。

 

Pages では、禁則処理がないので

そこのところだけご注意ください。

それでは、また。

 

P.S.

今回、一応シーズン2の第1話目としましたが、

次回以降は未定となっています。

ご了承ください。

Copyright (c) 2018-2022 Kuunyan_takashi All Rights Reserved