†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常†

†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。†

MENU

僕たちの文化を育ててくれてありがとうございました。

こんにちは。

 

いろんなことがあった2020年も

あと残り1ヶ月を切ってます。

どんなものにでも、いつかは終わりは来るけれど、

出来れば、来てほしくはないよね。

まあ、今年は災いばかりの年だったから

早く終わって欲しい気持ちもなくはないけど。

 

終わってしまう。

悲しいな。

人気者だったけど、

嫌われ者になってしまった。

除け者にされてしまった。

そんな悲しき運命を辿ってしまったね。

I.E. とどちらが悲惨かと言われると、

どちらが悲惨なんだろうか?

 

Adobe Flash Player が

まもなく、終わる。

今月に行われた最終のアップデートで

時限爆弾的に、生みの親から消されることになった。

そうなのだ。

もう、過去の遺物となってしまったのだ。

今では、重大なバグがいくつも見つかり、

修復困難な物も多数見つかった。

新しく出てきた後継者に取って変わられた。

もう今では、君の姿を見かけることはなくなった。

www.suntory.co.jp

 

 

フラッシュ動画という物が、

たくさん量産された時代があった。

それが、日本のオタク文化では有名な

Flash 黄金時代と呼ばれている。

 

dic.nicovideo.jp

 

たくさんの動画が生まれ、

たくさんの人に愛された。

今でもたくさんの人に愛されている。

Flash 黄金時代は伝説として、語り継がれている。

 

そんなこんなで、

全盛期もあった Flash Player を終わらせた

革命者が二人いる。

それが、iPhone と HTML5 だ。

 

iPhoneFlash Player に非対応だった。

iPhone が出てしばらくの間は、

それが  iPhone の弱点でもあった。

Flash 動画が見れない。

Flash を使ったサービスが使えない。

ニコニコ動画とか)

 

iPhoneFlash Player にいつかは対応する。

みんながそう思っていた。

だって、他のスマートフォンは対応していたのだから。

でも、スティーブ・ジョブズさんは

非対応を貫いた。

 

その両者の戦いを終わらせたのが、

もう一人の革命者 HTML5 だ。

インターネットのサイトを

スマートフォンに対応させたのだ。

Flash  動画や Flash を使ったサービスは

パソコンしか対応していなかった。

サイトに埋め込まれていた動画なんかを

スマートフォンで見るということが出来なかったのだ。

今では普通に出来るようになっているわけだが、

それを実現したのが、HTML5 なのだ。

 

 

急速にシェアを伸ばしたiPhone が、

この HTML5 の誕生を手助けしたとも言える。

 

今、僕らがこうしてオタク文化

楽しめているのも、

全ての始まりである  Flash 黄金時代があったからだろう。

Flash 黄金時代で、オタク文化が花ひらいたから

今では、市民権を得ていると言えるのではないでしょうか。

 

Adobe Flash Player がなかったら、

果たして、どうなっていただろうか?

 

今まで、ありがとうございました。

 

Adobe Flash Player が完全終了しても、

Flash 黄金時代は永遠に語り継がれていくだろう。

語り継がれていかなければいけないだろう。

彼らのおかげで今があるのだから。

Copyright (c) 2018-2022 Kuunyan_takashi All Rights Reserved