†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日常†

†カッペぼっち厨二病陰キャ底辺ブロガーの日記です。†

MENU

夢は遠くてもなにかが消えるわけじゃない

こんにちは。

 

皆さんは、ダークモードまたは、ダークテーマ

というやつをご存知でしょうか?

目に優しいように、画面の背景を暗くしたりして

いい感じにかっこよく仕上げてくれるデザインのやつです。

 

おいらは、それが好きなんです。

ダークテーマを適用出来るやつは

全てダークテーマにしてます。

黒ってかっこいい。

そんなことに気付かせてくれたんだ。

 

ということで、今回は暗闇のお話。

 

aki1200.hatenablog.com

 

こういうネガティブなツイートとかに

どういう反応をするのが正解なんだろうね?

いいねを押すのも、スターを送るのも

相手への攻撃にしかならない気しかしないし。

だからといって、なんかありふれた言葉を送るのも

わざとらしい感じもするし。

結局のところ、スルーするしかないんだよね。

 

でも、どうしても励ましたい。エールを送りたい。

っていう時はどうすればいいんでしょうかね?

リスクを覚悟して、送るしかないんだろうけど。

なかなか難しいよな。でも、かいちくん、送ります。

 

取り敢えず、まずはこちらをお聞きください。

原曲は、SMAPさかさまの空です。

(権利の都合上、カバー作品で代用いたします)

 

 分かってるんだ。

君はその腕でずっと

一筆ずつ一筆ずつ描いてきたんだね。

 

涙ふいてさ。

しゃがみ込んで、抱えた膝から

少しだけ顔を上げてごらん。

俯きながら歩いてばかりじゃ

見つからない幸せがそこにはあるんだ。

 

見えませんか?

その記事についたたくさんのスターとコメントが。

君が思っている以上に、君が笑っている顔は

君が出会ったみんなに愛されているんだよ。

 

クリエイターでも、ブロガーでも

死という状態になる時はどんな状態になった時だと思いますか?

"誰も何も反応をくれなくなった時。"

そうなった時。それが終わりの時なんです。

おいらみたいに、最初からそういった状態の時は

それはただの底辺だからという答えになるわけですが、

”誰かから何かしらの反応が来ていたのに、誰からも何も来なくなった。”

そうなった瞬間、終わりなんです。

 

見てください。

あなたは、まだ終わっていないでしょ?

厳しい指摘が多方面から襲ってきたら、

そりゃ、誰だって凹みますよね。

でも、教えてくれる人がいる。

それって、宝物なんです。

気付いていないかもしれませんが、

それって凄い貴重な存在なんです。

底辺でぼっちの僕には、そんな存在の人がいません。

あっ。勘違いしないでよね。別に嫉んでなんかないんだからね。

 

別に行き急がなくていいんじゃないかな。

狭い日本、そんなに急いでどこに行く?っていうでしょ。

カメさんみたいにゆっくりと歩いていたって、

ウサギさんに勝てちゃったりするんだよ。

最後まで努力をした人が最終的には勝つんです。

NiziU のオーディション番組でもそんな感じだったらしいですよ。

 

自分のブログの過去記事を見てみて下さい。

初期の頃のやつを見てみて下さい。

今見たら、うわー、酷いなあ。と思う部分もあったりするでしょ?

知らず知らずのうちに、経験を積んでいるんです。

知らず知らずのうちに、経験値が溜まっていっているはずです。

だから、今の自分から見たらそう見えてしまうのです。

成長しているところが、きっと見えてくると思うんです。

 

僕のサムネイル画像を書いてくれた彼も、

絵を描くことが嫌になっている時期が周期的にきます。

今では、ほとんど仕事以外では絵を描かなくなったみたいですが、

そんな彼でも絵を描きたくなる時が来る。

そうなった時には筆を取ったりもする。

 

そうです。

休み休みでいいんです。

定期的に休みましょう。

そうすることで、効率が上がるんです。

信じられないかもしれませんが、これ本当です。

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

solitude-diary.hatenablog.com

 

最初から完璧に出来るやつなんて

出木杉君ぐらいしかいないんだし。

絵のことにそんなに悩まなくてもええんじゃないかな。

Copyright (c) 2018-2022 Kuunyan_takashi All Rights Reserved