カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

輝いた未来の若き勇者たち

こんにちは。

 

平成最後の年末年始になりました。

平成は30年となりました。

この30年間、いろいろとあった。

人生を振り返った人もいるのではないでしょうか。

人生には3つの坂があると言われている。

上り坂、下り坂、まさか。

そうだね!サッカーだね。

 

冬の全国高校サッカーの大会の時期になりました。

それもいいが、その他にもある。

 

高円宮杯JFA第30回全国 U-15 サッカー選手権大会である。

 

高円宮杯 JFA 第30回全日本U-15サッカー選手権大会 TOP|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

 

この大会に僕の地元からとあるチームが参戦した。

www.zweigen-kanazawa.jp

 

 

 

 

 

 

ツエーゲン金沢 U-15 である。

北信越の第1代表として参戦した。

 

1回戦でアビスパ福岡 U-15 といきなり当たる。

3 対 3 と延長戦でも決着が付かず、PK戦にもつれ込む。

そして、3 対 1 で勝つ。

 

2回戦の相手はジュビロ磐田 U-15  である。

3 対 2 で競り勝ち、準々決勝に進出する。

 

準々決勝の相手は FC東京 U-15 むさし である。

0 対 0 からの延長戦で ゴールを決めて勝利をもぎ取る。

 

準決勝の相手は浦和レッズジュニアユース である。

1 対 1 からの延長戦でも決着が付かず、PK戦となる。

5 対 4 で勝利する。

石川県勢初の決勝進出である。

 

最後の相手は FC東京 U-15 深川 である。

あれ?また FC東京 U-15 が出てきましたね。

むさしと深川、どう違うんでしょう?

主に東京都の東部からの選手が深川、

主に東京都の西部からの選手がむさし

だそうだ。

FC東京の下部組織 - Wikipedia

 

なるほど。

ちなみに、結果は 2 対 0 で負けてしまう。

 

それでも、全国2位である。

大健闘ではないか。

1回戦から格上の相手ばかりと戦ってきた。

どれも簡単な試合ではなかった。

それでも、勝利を一つずつもぎ取ってきた。

その結果、石川県勢初の快挙である。

平成最後に成し遂げてくれた。

心から祝福したい。

 

ツエーゲン金沢は  J2 でなかなかいい結果を残せていないけど、

未来の若き勇者たちが快挙を成し遂げてくれた。

ツエーゲン金沢の未来は明るいのかもしれない。

目指せ。北陸初のJ1 クラブへ。

まずは、J1昇格プレーオフ圏内を目指してほしい。

まだまだ未熟なチームだけれど、今回の快挙が何かしらの力になればいいな。

 

お疲れ様でした。

感動をありがとう。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved