カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

Ingress を離脱する前に知ってほしい続けている理由

こんにちは。

 

最近、アニメ見てますか?

社会人になってから仕事終わりにアニメを見る気力がなくなった。

Twitter で、そんなツイートを見かけた。

確かに、社会人になって働きだしてからは余裕がなくなったという人もいるだろう。

僕も高校生時代はほぼ毎日本を読んだりしていたけれど、

高校卒業後、就職してからはそんな気力はなくなった。

 

それからしばらくしてからアニメを見るようになった。

きっかけは進撃の巨人

 

仕事終わりにアニメ見れない?

それならば、休みの日にまとめて見ればいいじゃない。

僕は、最初からそういうスタイルでやっている。

1週間待たないと次話が見れないってしんどくない?

休みの日まで溜めておけば、思う存分楽しめるよ。

だから、僕にとってd アニメストアと Prime Video は必需品。

 

でも最近はアニメ見なくなっちゃったね。

YouTube の方を見るようになった。

もう YouTube の方がどんどん溜まっていっているのだ。

だから、そちらの方を優先的に消化していくので今は精一杯。

 

前置きが長くなってしまい申し訳ありません。

なんか、スマートフォンゲームアプリの Ingress がアニメ化されたそうだ。

 

 

 

 

ingressanime.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで今更と思っているけど、ちょっと気になる。

 なんかちょっとかっこいいじゃん。

 

そんな Ingress というゲーム皆さんはやったことがありますか?

ポケモンGo と相性がいい。

ポケモンGo の礎になったとも言われている有名なゲームです。

一度は聞いたことがないですか?

とりあえずインストールしてみたけど、全く意味不明でやめた。

そんな方も多いんじゃないだろうか?

僕も最初はそうだった。

なんなんこれ?どうすればいいの?

初見殺しだよね。

デモンストレーションとかなくいきなりゲーム始まるし、

英語ばっかりで訳分からないし。

 

そんな状態から脱出出来たのはこれのおかげ。

weekly.ascii.jp

 

 

 

 

 

とりあえず、これを読んで Ingress をやってみよう。

Ingress 面白いよ。

 

ポケモンGo はやってるだけで運動になるという利点がある。

Ingress もそうだけど、ポケモンGo と比べると劣る。

でも、Ingress の面白さは状況がすぐに変わること。

田舎だからやってる人なんかいないだろう。

だから、楽しめない。

そう思うでしょ?

そんなことないよ。

僕の自宅から歩いてすぐ行ける範囲にあるやつが

みんな自軍で攻撃出来ない。

落とそうと思っても簡単に落とせない。

ポケモンGo ならそんなこともある。

Ingress は違う。

田舎でも状況はすぐに変わる。

それくらいプレイヤーが多いのだ。

老若男女問わずやっている。

自軍だったのが、中立になっていたり敵軍になっていたり。

あっという間に変化する。

駅のホームで電車を待っているとする。

待ち時間に自軍の拠点を防衛するとする。

(レゾネーターというアイテムを差して拠点の防衛力をアップする)

早い時にはその1分後くらいには敵からそのレゾネーターが攻撃される。

レゾネーターが LV1 ならば一撃で消えてしまう。

だから、防衛するためにもう一度レゾネーターを差す。

そして、またすぐに攻撃される。

そういういたちごっこになるわけだ。

そうやってプレイヤー(エージェント)のレベルを上げていく。

攻撃されるたびにメールと通知で教えてくれるから

すぐに反撃しようと思えば出来る。

いたちごっこだから、永遠に戦いは終わらない。

決着は永遠に着かない。

それが、Ingress

同じルートを周回し続けるだけでもいい。

敵はどこかにいる。

でも、どこにいるかは分からない。

見えない敵と戦い続ける。

どこか外に出たついでに ポケストップを回すように

ついでに敵のポータル(拠点)を攻撃する。

ついでに自軍のポータルを強化する。

それが、Ingress を続けている理由。

Ingress の方がポケモンGo よりも早く起動する。

操作方法もシンプル。

とりあえず、Ingress をやってみよう。

以上、LV.3のまだまだ駆け出しエージェントがお送りしました。

 

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved