カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

新しく生まれ変わった僕らの青い炎

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 青い炎といえば、これだよね。

そうです。サッカー日本代表です。

昨日、新生の森保ジャパンの初戦が行われた。

相手は南米のコスタリカだ。

 

素直に言おう。

期待はしてなかった。

すぐにいい結果が出るとは思わなかった。

ハリルジャパン、西野ジャパンからメンバーが何人か引退して

メンバーを世代交代することになった。

森保ジャパンのメンバーが発表される前から

若手中心のメンバーになることは分かっていた。

そして、いざメンバーが発表された。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

生まれ変わったな。

このメンバーの顔ぶれを見てそう思った。

まだまだこれからの選手ばかりである。

いい結果はすぐには出ないだろうけれど、

次の世代になるわけだから、長い目で見守っていかなければならない。

そう思っていた。

 

でも、見事に期待を裏切ってくれた。いい意味で。

素晴らしいスタートを切ってくれた。

素晴らしい出来だった。

 

期待を裏切ってくれたと言えば、日テレである。

今回の放送の中継が日テレ系列だったわけなのだが、ひどかった。

 

コスタリカの国旗を間違う。

訂正したのが後半になってからだ。

間違ったのもダメだが、ちょっと遅すぎる。

リプレイを見れば明らかなオウンゴールなのに、

それを見てもオウンゴールとは言わない実況と解説さん。

テレビの放送を見ていたみんなが思わず声に出してつっこんだはずだ。

この時だけ、みんな関西人になったはずだ。

なぜ、あのリプレイ映像を見てもオウンゴールと言えない?

試合の終盤で交代した青山選手のセクシーショットを流してしまう。

カメラマンさんは不本意だったのだろうけれど、

その映像を放送に流したのは流石にダメじゃない?

みんな見照れてしまったよね。

僕もあんな身体に一度くらいはなりたいとも思わなくもない。

運動はしたくないけれど。

次以降もサッカー日本代表の試合を放送することはあるだろう。

だから、日テレさん。今回出た全ての膿を次回以降の改善の糧にして。

次以降もやらかしたら、本格的にサッカー民を敵に回すことになるよ。

 

そんな日テレへの怒りを吹き飛ばしてくれるぐらい

素晴らしい活躍を見せてくれたのが今回の選手達だ。

特に南野選手、堂安選手が良かった。

今まで、縦パスをあんまりしなかったサッカー日本代表

どこかに行ってしまったようだ。

選手達の連携も上手く出来ていて、攻撃的なプレーが多かった。

見ていて面白かった。

決定力不足は相変わらずだけど。

ロシアワールドカップで感じたような面白い試合だった。

これだよ。これ。僕たちが見たかったのは。

そう思った。

最近の日本代表が出来ていなかったプレーが出来ていた。

改めて、サッカーの面白さを教えてくれた感じ。

最近の日本代表の試合は見ていてつまらなかったからね。

久しぶりだった。

世代交代すべきだったんだ。って実感した。

ハリルジャパンや西野ジャパンのメンバーじゃダメだったんだ。

後ろの方でパスを回してばっかりの試合なんて見たくない。

サッカー日本代表の未来が心配だったあの頃が嘘みたいだ。

輝いている未来が来そうな明るい希望が見えた。

まだ初戦だから、まだ評価するのは早い時期であるのは分かっている。

でも、期待感は鰻上りだ。

DAZNさんも言っている。時代を変えろと。

時代が変わった。それを感じた試合だった。

ロシアワールドカップの時からそうだったね。

新たな時代に突入したんだ。

これからの森保ジャパンの活躍に期待している。

とりあえず、お疲れ様でした。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved