カッペぼっち底辺ブロガーの日常

カッペぼっち底辺ブロガーの日記です。

当サイトのプライバシーポリシーについて
https://solitude-diary.hatenablog.com/entry/2018/05/25/151514

初体験尽くしの超会議遠征奮闘記 第1話 高校の修学旅行でしでかした話

こんにちは。

 第0話はこちら

solitude-diary.hatenablog.com

 

今回、実質初めての飛行機旅行となるため、
人生で初の飛行機体験をした高校の修学旅行の時を振り返ります。

行き先は北海道です。

千歳空港までは、地元の小松空港から乗り換えなしの直通便があります。

集合場所は小松空港です。
最寄り駅から小松駅へ行き、そこからバスで行く予定でした。
時刻表を調べて、乗車予定の電車と家の出発時間を決めました。
家から最寄り駅までは、自転車です。

当日の朝が来ました。最寄り駅に着きました。
電車が発車しました。目の前で。ホームに着く前に行ってしまいました。
仕方がありません。次の電車で行くしかありません。
次、約1時間後です。
あれ?やばくない?到着予定時刻を再計算してみましょう。
はい。無理です。間に合いません。集合時間に遅れます。
最寄り駅からバスが出ていますが、目的地方面へ行くのは一つもありません。

タクシーしかありません。ですが、ここでタクシー代は凄く痛手です。

思い付きました。
目的地とは反対方向ですが、一つ大きい駅へ行きましょう。
そこへ行けば、目的の駅へ行ける特急列車があるかもしれません。
目的地方面へのバスもあるかもしれません。
それに賭けるしかありません。

負けました。
特急列車ありませんでした。バスもダメでした。時間とお金が無駄になりました。
はい。諦めます。タクシー使います。
最寄り駅から素直にタクシー使えばよかったのに、
無駄に距離と時間が上乗せになってしまいました。
運転手さんと交渉して、少し安くしてもらいましたが。
何とか、集合時間に間に合いました。

”タクシーで来るなんて何様や”

そんなこと言われました。そうだけど、そうするしかなかったんだもの。

さあ、飛行機に乗りましょう。
その前に関門があります。保安検査場です。
荷物をX線検査にかけるのですが、そこで笑われました。

”いつも使ってるやつやん”

そうだよ。いつも、通学で使っているリュックだよ。
そこそこ以上、入るのがこれしかないんだもの。
破裂寸前レベルで目一杯、荷物入ってます。なんとか入ったからいいじゃない。
”2泊3日なのに、これだけ?”

うん。服が2~3セットしかないけど、それだけで大丈夫だよね?
他に何かいるものあった?

大丈夫じゃなかったです。

寒さ対策で、羽織るものがありませんでした。
修学旅行に行ける時期だから寒さも落ち着いてるだろうと甘く見てました。


はい。関係あるのがこれくらいです。
後は、特にそれほど話にもならないので今はもうしないです。

時間に余裕を持って、計画を立てる。
遅刻したことがなかったので、しなかったのが敗因です。
今はそこそこ入るリュックとカバンが一つずつあるので、収納も大丈夫です。
服も数は増えたので、大丈夫です。

これで、過去の過ちを繰り返すことはないでしょう。
安心して、臨んで大丈夫そうです。
次回から本格的に準備が始まります。

それでは、また。

Copyright (c) 2018 Kuunyan_takashi All Rights Reserved